• 投資
  • ユーロ
  • ハイリターン

先物取引を行うことができる取引所は、全国に複数あります。

先物商品によって、取引が可能な場所が異なってきます。
穀物を専門で取り扱う取引所もあります。金融商品を専門で取り扱う取引所もあります。

インターネット上で、先物取引に投資をすることも可能です。

先物取引は、株式やFX投資とは、違う側面があります。
それは、自己資金よりもはるかに大きな金額で、取引を行うことができる点です。

例えば、自己資金は100万円しかなくても、それよりも大きな金額の投資を行うことが可能です。
取引希望金額の10分の1程度の金額を、始めに担保とします。
すると、その担保金額以上の取引が可能です。担保が100万円の場合だと、投資金額は、1000万円ほどまで可能です。
そのため、先物取引で自分の読みがあたり、取引時に購入した商品の金額よりも、取引予定時の金額が高かった場合は、大幅な利益を得ることができます。

反対に、自分が購入した金額よりも、取引予定時の金額が安くなった場合は、損失も大きくなります。

そのため、先物取引での投資活動は、ハイリスク・ハイリターンと呼ばれています。

先物取引の投資対象は、大豆や石油、金やプラチナといった、数に限りがある、目に見える商品を思い浮かべる人が多いでしょう。

そのような商品以外にも、先物取引の対象となる商品は、たくさんあります。
為替予約という、先物取引での取引対象もあります。

為替予約では、ドルに対して投資を行うことができます。
FXでもドルに対して投資を行うことができるのですが、先物取引の投資とでは、少し仕組みが異なります。
FXの場合だと、購入時も販売時期も、自分で決めることができます。
ドルを購入し、しばらく価格が低下している場合は、その時は無理にドルを売らずに、ドルが高くなってから売ることで、利益を得ることができます。
反対に、ドルの値段がどんどん下がっていき、その時点で販売を行った場合は、赤字になってしまいます。

先物取引での為替予約は、購入するドルの将来での取引金額を、現時点で決めて、取引を行うことができます。
そのため、もしドルが値崩れした場合でも、ドルを取引時に決定した金額にて、販売を行うことができます。
このように、先物取引での為替予約は、リスクヘッジの側面があります。

オススメリンク

アーカイブ

カテゴリー